☃️

2021年『きたちゃんぶらっく』総括

投稿日
2021/12/31
執筆者
更新日
2021/12/31
『きたちゃんぶらっく』の2021年を振り返り記事です。
まずは無事にサークルリーダーとして2021年を駆け抜けられたことに感謝しています。これもサークルメンバー含め多くの協力者、そして『きたちゃんぶらっく』を応援してくれている皆さんがいるからです。
大変感謝すると共に、今後も『きたちゃんぶらっく』の活動を温かい目で見守って応援してくださると嬉しい限りです。
 
では今年を振り返っていきます。
 

活動報告一覧


 

サークル活動全体


私が『きたちゃんぶらっく』を設立したのは4月。元々は違うサークルにいたのですが、課金額がえげつなかったのでウマ娘と心中しようと決心がついたのがサークル設立のきっかけでした。
 
当初力を入れていたのは Discord と kitachan.black のHP。Discordは特に重要視していて、Twitter関連のBotをたくさん作成していました。今も元気に動いています。そして用途に合ったチャンネルを作って、みんなで楽しくワイワイできるサークルを目指していました。
 
 
この記事が公開されているサイトも力を入れていました。なぜこのサイトを作ったかというと、古のインターネットの再現というか、ギルドのHPというものに私が憧れていたからです。
あとTwitterと違って記事が蓄積されていくので、サークルの足跡としたかった、サークル勧誘の差別化などもありました。
実際、このサイトが功を奏して「きたちゃんぶらっく」をみんなに知ってもらえたと思っているので、やっぱり作って良かったと思います。
けど、やっぱり初めはサークル勧誘は難しかったですね。私自身が無名だったってのと、競技場でも全然ランキングに入っていなかったので。それでも見つけてくれたメンバーには大変感謝しています。
 
5月はイラスト寄稿やDiscordにチャンミ専用チャンネルができたり、ちょっとずつですがサークルメンバーのアウトプットが増えてきた印象があります。みんなでぱかライブを見始めたのもこの時くらいだった気がします。
 
6月以降はおがテツさんがサークルメンバーに加わったので攻略が一気に加速しました。そしてサークル絵が誕生したのもこの月でしたね。
 
そんなこんなで「Discordでワイワイしながらそれぞれがアウトプットしつつウマ娘を楽しむ」みたいな雰囲気がサークルにもできて、2021年をやり切ることができました。
 
かりんとさんの「ウマおん!」や突如サークルで歌い出したり。色々なことをしました。
 
後述するチャンミ集計やコミケ、その他諸々のツール開発や外部メディアからのインタビューもあったりと、サークル活動がどんどん大きいスケールになってきたのは10月以降くらいからですかね。さまざまな線が繋がって、少しずつですがサークルが話題に上がることが多くなってきました。
 
4月の設立から9ヶ月。私自身相当楽しい経験をたくさん『きたちゃんぶらっく』でさせていただきました。ですが、まだまだやりたい事は残っているので、2022年以降も走り続けます。
 
サークルメンバー全員がずっと同じモチベーションで走れるとは思ってはいませんが、ゆるく楽しく。時にはガチでやっていければいいのかなぁと思います。
意外と「アットホーム感」を意識しているので、引き続きサークル運営の方も頑張っていこうと思います。
 

チャンミ集計システム


「きたちゃんぶらっく」のサークルとして、「2021年に一番稼働をとられたコンテンツは何か?」と聞かれたら、私は「チャンミ集計システム」を挙げます。
 
やってる事は地味なんですが、システム開発や自動化、最後のアウトプットのデータやデータ生合成チェックなど、多くの人が関わっていました。
サークルとしては8月から開発が始まり、なんだかんだ完全な状態になるまで3ヶ月かかっています。数万枚の画像を捌かなければいけないので、設計も重要でした。
 
正直チャンミの時期は育成云々じゃなくて、集計作業が怖くてトラウマになりつつあります笑。(サイゲさん、お願いです。画面UIの仕様変更はしないでいただけると助かります。)
 
引き続き「チャンミ集計」は続けていくので、みなさんもご協力の程よろしくお願いいたします。わたしたちも頑張っていいデータを出しますので。
 

きたちゃんぶっく!


2021年、サークルとして一番大きなイベントといったら『きたちゃんぶっく!』を私は挙げます。
 
本の構想を始めたのは8月末。サークルメンバーの1人とファンブックを作りたいという話になってスタートしました。
表紙はサークルメンバーのkaroryさんに描いてもらい、本全体のデザインはKaoruMiyazakiさんに頼みました。
 
総勢30人オーバーの合同誌で、私がやりたかった「漫画やイラスト本だけじゃない、ウマ娘を愛しまくっている本」を実現すべく、多くのサークルメンバーやゆかりのある人に寄稿していただきました。
その結果、中身のクオリティはとても高いものになっていて、それぞれのコンテンツも読み応えのあるものになっています。みんなが本気で趣味に全力を出してくれたからこそ、達成できた1冊だと思っています。
 
私はKaoruさんに「自由に表紙をデザインしてください。特殊加工もバリバリやってもらって構いません」と当時お伝えしていました。
その結果、特殊加工は厚盛りニスと特色を使う形となり本の原価が跳ね上がりました。私としては1000円で頒布したいという想いがあったものの、サークル初参加ですので200部売れれば凄いと言われる中、200部の場合、加工だけで1000円を超えてしまうという事件が起きます。
なので相当な部数を印刷することになり、絶望していたのが2021年12月29日。印刷所さんからいただいた画像が特に絶望感が凄まじかったです。(現地には1/3しか持ってきてなくてこれ)
 
ですが、実際に当日になると無事完売。その日のうちに通販も完売する形となりました。それまでプレッシャーやストレスで体調を崩しまくっていたのですが、これで一つ心の荷が降りた気がしています。購入してくださった皆さん、そしてこの本に関わってくださった皆さん、本当にありがとうございました。
 
この本の想いを載せておきますので、ぜひお読みください。
 

うまっちんぐ!


これはサークルというよりかは私(おりばー)個人が開発しているサービスなのですが、サークルメンバーにも検証をしてもらったりしていたので、サークルコンテンツとしています。
 
ぶっちゃけると「チャンミ集計」と「きたちゃんぶっく!」や細かなツール諸々の開発で押しつぶされて、年の後半は全く実装が進みませんでした。
久々に身体が1つじゃ足りねぇゾーンに突入した年になったと感じています。
 
来年こそはレート戦を含め、こちらに全力を出していこうと思いますので、みなさんも温かい目で見守っていてください。
 

競技場シミュレーター


今年最後に出したツールが「競技場シミュレーター」です。
 
勢いは8月くらいに出すつもりだったんですけどね。チャンミ集計とか諸々に潰されました。
ですが、今年中になんとか出すことができて一旦は一旦はヨシとしています。
結構力作なのでみんな使ってください。要望とかあればDiscordで。
 

その他


配信

Youtubeで配信してる。結構頑張ってるのでみんな見てほしい。
 

ロイターから取材を受けた

 

サークルメンバーがTBSから一口馬主で取材を受ける

 

ogatetsu.shopリニューアル

7月くらいに変わった記憶。元のサイトのデザインは忘れよう。
 

終わりに


改めて振り返ってみて、本当に色々あった一年でした。ウマ娘が世の中にリリースされていなかったらできてないことばっかりです。
4月にサークルを結成して良かったとしみじみと感じているとともに、来年も楽しんでいこう!という気持ちがより一層強くなりました。
「きたちゃんぶらっく」サークルメンバー、そしてサークルを応援してくださっている人たちみんなに感謝すると共に、今年の締めとさせていただきます。
 
ありがとうございました。