🏆

第3回CM「レオ杯」考察 in きたちゃんぶらっく

寄稿者
更新日
2021/8/10
投稿日
2021/8/10
⚠️
本記事は「レオ杯下馬評」をもとに記事を簡略化した内容になっています。 ガチ攻略したい方は下記記事をご覧ください。 本記事で触れるには達していないが、下馬評に書かれている重要なトピック ・コーナー不利について ・登山家の有用性について ・注目スキルの詳細・取得方法 ・おすすめウマ娘の詳細 など
 
第3回チャンピオンズミーティング(以下CM)のレオ杯考察記事です。メインはサークルメンバーに攻略情報を提供する目的ですが、全体公開して興味のある方は誰でも見れるようにしています。
あくまで「きたちゃんぶらっく」におけるレオ杯考察であって、一般的に通用するものかどうかの信頼性は保証できません。その点をご理解の上、ご覧になってください。

目次


 

レオ杯コース図


逆噴射注意区間

レースの前半では先頭に近づきすぎて一気に速度を落とす、いわゆる逆噴射が逃げ以外では発生する可能性があります。
地固めや速度スキルを採用する際は逆噴射が起きる可能性があることを認識しておきましょう。優秀な爆速逃げを採用することで、それぞれの脚質で先頭に近づきにくくなり、全体的に逆噴射のリスクを下げられます。

ラストスパート

セイウンスカイの固有スキルはラストスパートに入った瞬間に発動しますが、最終コーナー発動系加速スキルは約80m遅れて発動するため注意が必要です。

坂区間

上り坂スキルは序盤終了間際、下り坂スキルは発動しません。またゴール直前にも上り坂判定があることが予測されます。

有効スキル


加速スキルは固有スキルが優秀な印象です。地固めに関しては今回も猛威を振るうでしょう。
速度スキルは前回のキャンサー杯同様、コーナースキル重視作戦がある程度有効と考えられます。(ただし、後方脚質を除く)直線スキルを発動して追い抜く際は外回りの不利がないため追い抜きやすいですが、中盤で狙って発動できるスキルではないためアン×スキ安定のために使うのは難しいです。
キャンサー杯アンサー【コーナースキル重視作戦】
以下のツイートがすごく反響を呼んでおり、とても興味深いのですが、それらの情報を含んだ現環境からキャンサー杯に対する考え方が 「きたちゃんぶらっく」 と大きく異なっていましたので、我々のサークルにおけるキャンサー杯アンサーを簡単にまとめます。 なお、細かい詳細はサークルメンバーの「 おがテツ 」さんが公開している記事をご覧になってください。 まず今回のアンサーとしての セイウンスカイ は以下です。 まず、今回一番重要になってくるのはスキルのコンボです。我々のサークルでは 『スキルコンボ理論』 と呼んでいます。 『 スキルコンボ理論』 とはウマ娘が相手を追い抜くのに必要なのは相手よりも速度が速くなることです。序中盤で速度が上がる要素は以下の3つです。 この中で賢さとパワーによって速度が上がったとしても前のウマを追い抜く要因にはなりにくいと仮説を我々のサークルでは立てました。 人間が競走を行っているときに、前の人を抜くときはじわじわ抜くのではなく一気に速度を上げて前に出ると思います。つま り瞬間的な速度差を大きくとることが1着を取ることにおいて重要だと考え、 「スキルが複数同時に発生することがポイント」 という仮説のもと、サークルメンバーで試走してもらいました。 結果、この理論に基づいて作成したセイウンスカイ(育成時期が6月でしたのでかなり妥協してる)は今はやりの蓋ウマ娘に対して 70~80%の勝率 を維持することができています。 敗因としてはコーナースキルが足りず 尻尾上がり不発、 スキルの発動が遅く外ラチに出られなかった ため横をブロックされて抜かせず。といったものでした。 どちらも スキルの練度(因子)を強化すれば補える要素であるとサークル内では結論付けています。 同時に発動する効果量の大きいスキルは下記記事をご覧になってください。 また、グラスワンダー(差しなど)の勝ち筋として、 豪脚・乗り換え上手を終盤開始時に発動し、なおかつ 全身全霊などの速度アップスキルが 絶妙なタイミング で発動すること でセイウンスカイへの勝ち筋も狙えます。 これらのセイウンスカイを見るに、パワーがSS必須とは考えにくい(加速可能区間においては加速スキルが発動する) ためグラスワンダーもより 賢さを上げることが重要 だと考えます。また、コンボ理論をマスターした蓋ウマを作成することも有効です。 セイウンスカイの固有を発動させないことでグラスワンダーやナリタタイシンが勝てる可能性が高まります。全身全霊やオグリキャップ継承固有等レース終盤で効果のある速度アップスキルを多く採用しましょう。 以上より我々のサークルにおける目標ステータスは以下の通りです。 スピード: 1200 パワー: 600~800 賢さ: 1200 スタミナ・根性・回復スキル 500・400・根幹○ 550・400・なし スピード:1200 パワー:900~1200 賢さ:800 スタミナ・根性・回復スキル 500・400・根幹○ 550・400・なし 質問などがある方は おりばー か おがテツ までDMを頂ければと思います。
 
スタミナデバフスキルけん制焦りをデバフ役もしくは準エースの2人に積むことで、1つにつき約50程度スタミナを消費させることができます。スタミナが950程度(750+金スキル1つ)のセイウンスカイであればスタミナは足りなくなります。なお、八方にらみは効果範囲の都合上採用しづらいと思います。魅惑のささやきは安定を求めるのであればやめておきましょう。
スピードデバフスキルである独占力は特に自前セイウンスカイ採用時に猛威を振るうと考えています。デバフ2枚編成もおすすめです。各種ためらいを全部盛りできればアナボリック発動者をも抑え込んで1着をもぎ取ることができますが、相手も独占力を積んでくる可能性があることを念頭には置いておきましょう。
回復スキルはスピ賢育成をするならばスタミナ消費量が大きくなるため必須です。スーパークリーク採用がベターだと思います。なお、下り坂判定がないため、下校のスペシャリストでは回復できません。
その他スキルに関しては地固めを発動させるための緑スキルが大事になってきますので地固めを採用している場合は積極的にとりにいきましょう。
 
なお、より詳細な注目スキルに関しては「レオ杯下馬評」をご覧になってください。

地固めの有用性について

レオ杯において地固めは距離が長いから不要だと考える方も多いと思いますが、1回前に出てしまえば1バ身以上一気に詰められない限り追い抜かれることはほぼなくなるため逃げであれば必須、先行も内枠を引くと被ブロックの可能性がありますが、そのリスクに見合った効果を得られるスキルだと考えています。

おすすめ「レオ杯」編成


下記選出はあくまで思い付きのサンプルです。脚質分布によって有効性は大きく変化しますので環境に応じたウマ娘を選択してください。
なお、代替となるウマ娘も多数紹介していますので、興味がある方は下馬評の方も合わせてご覧ください。
notion image

セイウンスカイに自信のある方

  • エース: セイウンスカイ
    • 勝ち筋
      • 中盤スキルや地固めコンセで1着をキープしたまま終盤へ加速スキルで勝負を決める
      負け筋
      • 想定以上のスタミナデバフ
      • 回復スキル不発
      • 相手のアナボリックが爆発
      • ラビット(蓋ウマ娘)相手に中盤先頭を取られる
notion image
特徴
  • 加速固有を自前で使えるためステータスやスキルが上回っていればほぼ間違いなく勝てるウマ娘
  • 自分の因子努力、サポカパワーが顕著に表れる
  • パワー不足は加速スキルによって補えるため無理に1200を狙う必要性は薄い
🐴
【目標ステータス(中距離S)】 ・スピード: SS+(1200) ・スタミナ: A+(950↑, デバフ対策) ・パワー: スピード練習のおまけ ・根性: D(300↑) ・賢さ: A+(900↑, 可能な限り高く)
🐴
【優先スキル】 ・地固め ・コンセントレーション ・各種コーナースキル ・アガッてきた!、スリップストリーム、尻尾上がり等誘発系スキル
  • デバフ: シンボリルドルフ(追込)
    • W独占力+各種ためらいで一気に速度を落とす
    • けん制焦りによってスタミナギリギリの逃げを潰す
    • 追込最後方に位置するため相手のライアン固有、ゴルシ固有を阻害できる
    • ステータスは賢さ1200にしたい
    • 🐴
      【優先スキル】 ・ 独占力 ・ 各種ためらい ・ けん制焦り(対象脚質統一)
  • デバフ: グラスワンダー(追込)
    • 同上

セイウンスカイ未所持でラビット敬遠派の方

  • エース: 逃げ
    • サイレンススズカ、ミホノブルボン、水着マルゼンスキーなど
    • 特にサイレンススズカはコンセントレーションを持っているため、たづなの必要がない
    • 勝ち筋負け筋などの詳細は下馬評にて
    • 🐴
      【目標ステータス(中距離S)】 ・スピード: SS+(1200) ・スタミナ: A+(950↑, デバフ対策) ・パワー: スピード練習のおまけ ・根性: D(300↑) ・賢さ: A+(900↑, 可能な限り高く)
  • 準エース: 先行
    • マルゼンスキー、タイキシャトル
      • 🐴
        【優先スキル】 ・地固め ・コンセントレーション ・各種コーナースキル ・アガッてきた!、スリップストリーム、尻尾上がり等誘発系スキル
    • オグリキャップ
      • 🐴
        【優先スキル】 ・地固め(優先度低) ・コンセントレーション ・各種直線スキル ・全身全霊 ・アガッてきた!、スリップストリーム、尻尾上がり等誘発系スキル
    • 優先スキルなどの詳細は下馬評にて
    • 🐴
      【目標ステータス(芝S)】 ・スピード: SS+(1200) ・スタミナ: A+(1050↑, デバフ対策) ・パワー: 可能な限り高く ・根性: D(300↑) ・賢さ: A+(900↑, 可能な限り高く)
  • 保険: 中盤盛りゴルシ
    • 勝ち筋
      • 後方からの加速スキルで相手をぶち抜く
      • 最終直線での速度スキルも理想的に決まれば間違いない
      負け筋
      • 継承固有が発動しない
      • ブロックされる
      特徴
      • 育成が比較的簡単で妥協しやすい
      • 固有スキルが発動できる順位までいけば勝ちやすい
      • セイウンスカイ対策をして臨みたい
      🐴
      【目標ステータス(芝S)】 ・スピード: SS+(1200) ・スタミナ: S(1000↑, デバフ対策) ・パワー: 1200 ・根性: D(300↑) ・賢さ: 可能な限り高く
      🐴
      【優先スキル】 ・コンセントレーション ・全身全霊 ・ルドルフ、オグリ固有 ・ライアン固有(運任せにはなる) ・臨機応変(加速を積むと被ブロックが増える)

ラビット(蓋ウマ娘)採用型

  • ラビット: 逃げ
    • サクラバクシンオー、スマートファルコン、水着マルゼンスキーなど
    • 詳細は下馬評にて
  • エース: 加速エース
    • 詳細は下馬評にて
  • 準エース: 中盤盛りゴルシ
    • 同上

スタミナデバフ過剰型

  • エース: 自由枠
  • スタミナデバフ: ネイチャ
notion image
  • 睨み、ささやき、けん制焦りで1人当たり最大500スタミナを消費させる
  • ささやきは発動しにくいため採用するならスタミナデバフに寄せた編成にする
🐴
【目標ステータス】 ・スピード: 可能な限り高く ・スタミナ: なりゆき ・パワー: なりゆき ・根性: なりゆき ・賢さ: 1200
🐴
【優先スキル】 ・差しのコツ◎(有効範囲が増える) ・八方にらみ ・各種けん制 ・各種焦り ・魅惑のささやき(発動しにくい) ・乗り換え上手(睨み範囲に収めるため)
  • スタミナデバフ: 花嫁マヤノ
    • 同上

終わりに


今回のチャンピオンズミーティングは早いタイミングで運営から告知があったので、だいぶ育成期間が長く取れます。前回のキャンサーよりも様々な選択肢を取れるので育成期間中にルームマッチでは環境の変化が何度か起こることと推測しています。
特にラビット採用かデバフ採用かの議論は今後も行われていくと感じています。サークルとしては牽制焦りなどのデバフ採用の方が良さそうという結論にはなっています。
完全に仕上がったセイウンスカイに対し、今後環境がどのような方向性にシフトしていくのか楽しみではあります。本記事や下馬評をもとに皆さんの育成の参考となれば幸いです。
ご質問がある方は おりばーおがテツ までよろしくお願いいたします。

引用元